初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。


スポンサードリンク

 

 
ちぎさん(早霧せいなさん)に関する
コラムが出ていました。

短いながらも、宝塚の魅力と
トップスターの責務と、
雪組のちぎみゆコンビの
いいところが書かれていて
素敵な記事だなぁと思いました。

宝塚トップに就いた瞬間カウントダウン、早霧の退団 - ナニワのベテラン走る〜ミナミヘキタヘ〜 - 芸能コラム : 日刊スポーツ
トップに就いたその瞬間から、退団へのカウントダウンが始まる。
これはもう、本当にその通りで。
トップさん以外は、
いつ辞めるかわからないし、
いつまでもいてくれる場合もあるし
(稀ではありますが)
それなりの学年になると
こちらもそれなりの覚悟をするけど、
別に気持ちのカウントダウンまではしてない。

でもトップさんだけは別。
絶対に数年でこの舞台姿を別れる日が訪れる。
もう、考えただけで涙が出ちゃう。

でも、トップさんも
いつまでも続けられる仕事じゃない。
こちらに見えている以上に
たくさんの仕事をこなしているわけで。

ゴールがあるから走れる、という部分も
あるんだと思います。

宝塚トップに就いた瞬間カウントダウン、早霧の退団 - ナニワのベテラン走る〜ミナミヘキタヘ〜 - 芸能コラム : 日刊スポーツ
限られた時間のトップ生活の中で、相手娘役との相性も、運命を分ける。トップ娘役の場合、歌、ダンス、芝居の技術があるから就任できるものでもない。トップスターとの相性が最重要視されるが、実際に組んでみないと、真の相性は分からない。相性の良さ、相乗効果で人気爆発となったのが、雪組の早霧と、相手娘役・咲妃(さきひ)みゆのコンビだった。
 芝居巧者同士のコンビ。早霧は、男役絶対優位の宝塚において、咲妃に同等の立場に上がることを求め、咲妃は責任も負った。プライベートでも2人の仲の良さをファンが知り、喜んで応援していた。
 本拠地最後に上演されるサヨナラショーでは、本来、トップのナンバーが7割ほどを占めるが、このコンビの場合は、4割ほどがデュエットという異例の比率だった。早霧は「構成は咲妃と相談して決めた」と話した。トップが、相手娘役と“相談”するケースも異例。信頼感の象徴、デュエットダンスも連発。2人のコンビらしい「絆」を余すことなく見せつけ、本拠地から去って行った。

もうすぐ雪組東京公演が始まりますね。
さすがに東京公演は全然回数見られないけど、
このコンビを見られるのもあと少し。
しっかりと目に焼き付けたいと思います。 

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

 
昨日発表になりました、
月組『All for One』新人公演主演の発表!

キャスト | 月組公演 『All for One』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
ダルタニアン :蓮 つかさ
ルイ14世 : 結愛 かれん

れんこんちゃん(蓮つかささん)と
かれんちゃん(結愛かれんちゃん)が
めでたく初主演に決定しました。

れんこんちゃんもぐいぐいカッコよくなってるし、
かれんちゃんは可愛くて色気もあるし、
なかなか楽しみな新人公演です。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 


休演日前から芝居が変わると噂されていた
花組大劇場公演『邪馬台国の風』。
どうやら昨日から新場面が追加された模様。

雨宮さんはいかんせん初日以来の観劇だったので
「あれ、こんな場面あったっけ?」
と、変更点なんだか自分の記憶にないだけなのか
いまひとつ自信が持てなかった…。

なので、観劇後、
光ちゃん(柚香光さん)ファンの友達と 
ひとつずつ検証しました(笑)。

イサカ→タケヒコの構図が追加

タケヒコ(明日海りおさん)と
クコチヒコ(芹香斗亜さん)が
二人で銀橋で歌った後、
タケヒコとイサカ(城妃美伶ちゃん)の場面追加。 

花を持っているイサカに、タケヒコが話しかけます。
イサカは、狗奴国に殺された弟や妹のために
花を川に流しに行くところだと言う。
そして、大切な人を守るために兵士になったのだと。

タケヒコもお師匠さんを
狗奴国の兵に殺されたと告白。

タケヒコが、自分も仲間になれるか問うと
イサカは、もう仲間だよ、と言って走り去る。

最初のほうで、タケヒコがイサカの肩に
手をかけるのだけど、
その場面をあとからきたフルドリが目撃。
見てはいけないものを見てしまった感じで
何も言わずに立ち去ります。


 フルドリ→イサカもはっきり

祭りの前に、フルドリはイサカの弓を手入れしており、
それで恋愛感情が表現されていましたが、
これがさらにわかりやすく変更になりました。

フルドリはイサカのために新しい弓を作り、
プレゼントする設定に。

胸キュンソングへの理解が高まった気がします。


こんな感じで、恋愛感情の行く先が
ずいぶんとわかりやすくなりました。

それにしても『邪馬台国の風』、
一方通行の恋が多すぎて報われず、
なんだか切ない…。
うまくいってそうなのって、
まいてぃ(水美舞斗さん)と
うららちゃん(春妃うららちゃん)
カップルくらいだよ…。

恋愛感情の行く先まとめ

ゆきちゃんみりおさん ←みれいちゃん ←光ちゃん ←ひらめちゃん
      みりおさん ←べーちゃん

祭りの場面をチェックしたら
他のカップルも見つかるかもしれない。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ