初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。


スポンサードリンク

 

宝塚のトップスターはどうやって選ばれるのでしょうか。もちろん、実力や人気も必要ですが、クリアすべき条件がいくつかあるとされています(まれに例外の方もいらっしゃいますが…)。
 

入団して7年目までのタカラジェンヌは「新人」と呼ばれ、本公演中に一度新人だけで本公演と同じ演目を上演する日があります。これは「新人公演」と呼ばれます。この新人公演で主演に抜擢されるタカラジェンヌは将来有望とみなされ、未来のトップスター候補となります。

それから、バウホールなどの小劇場公演で主演を経験することも、トップスターへの階段を上るステップとなります。
 

新人公演の主演、バウホール主演を経験した男役スターは、だんだん組の中でのポジションがあがっていきます。それがリアルに確認できるのは「ショー」です。「ショー」で踊る場所がセンターに近くなる、ソロで歌う、踊る、銀橋と呼ばれるオーケストラピットの前の道を渡る、群舞の中でひとり衣装が豪華になる、「ショー」の最後に大階段を降りてくる順番が後になるなど、徐々にステップアップしていきます。芝居で準主役を演じる、「ショー」でトップスターに次ぐポジションを与えられる、最後にトップスターより一回り小さい羽を背負うなど、二番手としての地位が与えられたのち、トップスターに就任します。

トップスターが退団を決めた場合、およそ半年前に退団発表記者会見が行われます。それからしばらくすると、次期トップスターが発表になります。トップスターが退団した翌日から、新トップスターが組の看板スターとなります。


娘役トップスターも就任までの条件はだいたい同じで、新人公演でヒロインを演じること、小劇場公演でヒロインを演じることなどが必要です。ただし、娘役はただ実力や人気があるだけでは娘役トップスターにはなれません。宝塚はトップスター(男役)が中心の世界。ですから、その時のトップスター(男役)と相性がいい娘役が選ばれます。歌のうまいトップスターには歌のうまい娘役が、スタイルのいいトップスターには並んでも見劣りしないスタイルの娘役が…といった具合です。ですから、娘役はそのタカラジェンヌがどんなに人気や実力があったとしても、その時のトップスターに合わなければ抜擢されないのです。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

宝塚のニュースでよく「トップスター誕生」「トップスター退団」などと報じられますが、このトップスターとは何者なのでしょうか。

トップスターは、「どの演目でも必ず主役を演じる男役」です。

各組にトップスターは男役1人、娘役トップスターが1人いて、主役は必ずトップスターが演じています。公演ポスターに写真が大きく載るのもトップスター、記者発表などの席で挨拶をするのもトップスターです。公演に主演するだけでなく、広報活動や外部のテレビ出演など、各組の看板となるスターのことです。

やる気スイッチ入ります。ポチッとお願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

東京宝塚劇場の場所をご紹介します。


◯「東京」駅から

JR「有楽町」駅下車、徒歩5分

◯羽田空港から
東京モノレールで「浜松町」へ、JRに乗り換え「有楽町」駅下車、徒歩5分


◯地下鉄「日比谷」駅から
東京メトロ日比谷線「日比谷」駅A5出口、徒歩3分
東京メトロ千代田線「日比谷」駅13出口、徒歩3分
都営地下鉄三田線「日比谷」駅(千代田線連絡口を経由し、A13出口)、徒歩6分

 

↑このページのトップヘ