初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。


スポンサードリンク

 

年末未掲載記事一掃アップ中につき、やや中途半端な記事になっております。(いつもか…)


今回、ハッとするお芝居を見せてくれるのが、ロベスピエールの友人、ジョルジュ・ジャック・ダントンを演じる咲ちゃん(彩風咲奈さん)。

ジョルジュは、ロベスピエールとは全く別のアプローチで幸せを求めている革命家です。ロベスピエールが苦しみに耐えた先に光を見ようとするならば、ジョルジュはいま手元にある小さな幸せを少しでも長く、そして少しでも大きくしていこうとするというか。自分が喜びを知らなければ人を喜ばせることはできない、劇中でもジョルジュはロベスピエールにそんなことを言います。

生き方も、ロベスピエールとジョルジュは正反対。革命を成功させるまでは結婚なんてしているヒマはないと思うロベスピエールと、愛妻家で美食家(というか、食べることにも楽しみを見出している)で友人思いのジョルジュ。

ジョルジュは何度も、ロベスピエールに人としての生きる喜びを伝えようとするのです。

時には真正面から対立して、時には友人として、そして時には子供をあやすように。

パリに戻ってきたジョルジュは、決してロベスピエールの手を離さなかった。私は、手を振りほどいたのはロベスピエールだと思っています。ロベスピエールも本心では彼の手にすがりたかったんだと思う。でも、それができなかった。ロベスピエールも、何か大きな恐怖に支配されていたのではないかと。

この二人の悲しいすれ違い、そしてジョルジュのロベスピエールを思う気持ちに男気を感じて、涙が出ちゃうのです。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。




 

年末が近づいてきて、当ブログの未掲載(ようするに書きかけ)記事を整理していたら、1年くらい前にヅカヲタ生活について語ったものが出てきました。残念なことに1年経っても全く生活が変わっていないので、アップしておきます(笑)。
ーー
あまり自分のことを書かない当ブログですが、宝塚友達に「雨宮さん、重度のヅカヲタですよね」と言われ、あれ、そんなにひどいのかなと思いまして。

ちょっとだけ冷静に振り返ってみたいと思います。

まずは時間について。

私の何がひどいって、生活の中で宝塚の占める割合の高さだと思います。

まあ、宝塚を観劇して、かつ自分の生活も保つために仕事は第一です。なのですが、スケジュール帳には仕事の予定を書き込む前に各公演日程を書き込みます。

年間公演予定が出たら、すぐに書き込みます。「花組大劇公演 @月@日〜@月@日」だったら、月間スケジュールに公演期間をバーっと横線で入れちゃいます。

「花大劇ーーーーーーーーーーーー→」

みたいな感じ。

これは、観劇予定ではなく、あくまでも劇団のスケジュールです。
(正しいヅカヲタ)
 
それから仕事の予定を書き込みます。
(正しい大人)

そして、「空いている時間」に観劇予定を入れていきます。 
(正しいヅカヲタ) 

要するに、「空いている時間」とは仕事をしている時間以外全てです。幸い私は、「毎日朝から夜まで勤務で週末が休み」という仕事ではないので、好きな組の公演期間はうまくやりくりして日中を空けます。たとえ夜勤で朝まで仕事だろうと、11時公演が見たけりゃ見ます。睡眠時間などは、本当に何もない時間にとることになります。たまにブログに感想書くより寝たい時もあるので、そういう時は寝ます(笑)。

チケットは必死で探したり(みんなそうだ)友達と協力しあったりしてゲットしています。東京がチケット難になりそうなら、なるべく大劇場で観劇します。関東の全国ツアーのチケットも見つからないことがあるので、なるべく普段行かないような地方に遠征します(旅行もかねて)。

 
続いてはお金の使い道です。

家賃と光熱費が最優先です。
(人として当然)

あとは1にチケット代、2にチケット代、3が遠征費です。

食費はその次です。
(米と味噌があればなんとかなります)
(え、ひどすぎる)

洋服代は、お茶会のためだけ発動します。
(ダメ女子まっしぐら)
(お茶会で着たら、普段着にランクダウン)
(謎にワンピース大好き女子のできあがり)

そして私がヅカヲタになって一番ランクを落とすことになったのが化粧品です(笑)。
(ブランド化粧品を買うよりチケット買いたかった)
(どこまでも突き進むヲタ)

安い化粧品にしたらどうなるかと思いましたが、宝塚ってすごいですね!

いつもときめいてるせいか、なんだか肌も元気になりまして、プチプラ化粧品でも問題なくいけるようになりました。
(女子力さがってるのかあがってるのか)

要するに、家賃と光熱費以外は全てチケット代に消えているといっても過言ではありません。

当然、宝塚友達以外の人付き合いができなくなります。時間的にも金銭的にも。普通の友達が減ります(笑)。理解のある友達は「公演中なので」と言うとすぐわかってくれます。
(自慢にならない)
(当然恋愛とか遠のきます)
(でも宝塚友達と一緒にいれば何時間でも楽しく過ごせるのでいいです)

会社の飲み会とか、「会費5000円!? 当日券で2公演いけるじゃないか」とチケット代に換算しては欠席します。
(ダメ社会人)
(でもヅカヲタあるある)
(なんでもチケット代に換算)

文字にしてみると、けっこうハードなヅカヲタLIFEに見えてきました。宝塚が観劇できる環境にいられることに感謝だし、できるうちは後悔のないようにいきたいと思います。

日々のあらゆることに感謝。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと貸切公演のチケットページにいけます。


 

↑このページのトップヘ