初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。


スポンサードリンク

 


気づけばもう少しで千秋楽を迎える
花組『邪馬台国の風』。

初見の友達には
そこそこ楽しく見てもらえてるようです。

男役さんはかっこいいし、
娘役さんはかわいいし、
お姉様がたも素敵なので、
深く考えずに見るには楽しいです。

だがしかし!

果てしなくリピートしていると!

どうにも気になって
気になって仕方ないことが
いろいろ出てくるんですよ!

その中の一つが、邪馬台国の大王
(物語序盤で死ぬ)のご息女・アケヒちゃん。
花野じゅりあさんが演じておられます。

アケヒちゃんは、
大王の娘なので、当然自分が後を継いで
邪馬台国の女王になると思ってた。
それなのに、ヒミコがやってきて
その座を奪われてしまったことに
恨みを持っている女性です。

で、邪馬台の連合国のひとつ
奴国の王・ヨリヒク(瀬戸かずやさん)と手を組んで
ヒミコを陥れようとしている。

ここまではわかる。
わかるのだが。

肝心なヒミコを陥れる手段に
ちょっとした疑問があるのだ。

そもそも、ヨリヒクが一人でいるところに
アケヒちゃんが近寄り
二人で手を組んでヒミコを陥れよう、
と持ちかけるのですが。
そのとき、アケヒちゃんは作戦を観客には明かさず、
ヨリヒクさんにだけ耳打ちするのです。

それを聞いたヨリヒクさんは
「なんとっ!!!! そのようなっ!!!!」
って、めちゃ驚くんですけど。

私がこの物語を見ている限りは、
その作戦って
ヒミコのところに男を送り込む
ってことなのかな、と。

その証拠に、この作戦が失敗したとき、
ヨリヒクさんはアケヒちゃんに
「ヒミコを陥れるために
タケヒコを近づけるだと!
(中略)
お前の描いたからくりはこんなものかっ!」
って逆ギレしてます。

あれ。
あれれ。

おかしい。

だって、アケヒちゃんが
「ヒミコがタケヒコのことを気にしてる」って知るのは、
作戦を耳打ちした後なんです。

作戦立ててた段階では、
ヒミコに想い人がいること、
アケヒちゃんは知らなかったはず。

なので、もしかしたら
ただの行き当たりばったりの
計画だった可能性も高い。

モヤる。

あ、そうか!
アケヒちゃんもいちおう巫女だから、
もしかしたら神の声が聞こえたのかな?
「ヒミコには気になる男がいますよー」って。

そんなばかな。

で、ヒミコにタケヒコをあてがう作戦に
失敗したアケヒちゃんは
とうとう背水の陣に出る。

狗奴国王・ヒミクコ(星条海斗さん)のもとへ行き、
「奴王とアケヒ、そして 狗奴国王が手を結び、
邪馬台国を奴国と狗奴国で半分こする」 

という謎の提案をするのです。 

え、アケヒちゃん
自分が何言ってるかわかってる!?
アケヒちゃんは、
自分が邪馬台国の女王になりたいんだよね? 
そのためにヒミコを陥れようと
さんざん計画してきたんだよね?

それなのに、
奴国と狗奴国で、邪馬台国を半分こする
そんな提案しちゃっていいの!?

そんなことになったら、
アケヒちゃんは女王になれないよ?
(邪馬台国なくなっちゃうから!)

それとも奴王・ヨリヒクと
いい感じに結婚しちゃって、
一緒に国を治めたいとか
そんな妄想しちゃってる?

わからない。
どう考えてもアケヒの行動が
意味不明にしか思えない。

考えれば考えるほど、
モヤモヤしていくのです。

誰か正解を教えてください。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 


「宝塚GRAPH」2017年9月号の
表紙の愛ちゃん(愛月ひかるさん)と
ゆきちゃん(仙名彩世さん)が
すこぶるいい感じなのであります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝塚 GRAPH (グラフ) 2017年 09月号 [雑誌]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/8/19時点)


まだ中身を見てないので
あとでキャトルに行ってみるある。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
昨日発売になった「ザ・タカラヅカVII 宙組特集」。



本日、訂正ニュースが出ていました。

「ザ・タカラヅカVII 宙組特集」写真の誤りにつきまして | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
「ザ・タカラヅカVII 宙組特集」オールメンバーズプロフィールコーナー30ページの桜音れいの幼少期の写真が、本人ではなく別人のものとなっておりました。 ここに訂正し、深くお詫びを申し上げます。   
一体誰の写真だったんだろう(笑)。
気になるのであとで見てきます。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。 

↑このページのトップヘ