初心者のための宝塚観劇講座

宝塚歌劇団が好きで好きで仕方ない雨宮(あまみや)が、 趣味でお送りしているブログです。 チケットの取り方から、楽しみ方、観劇マナー、 マニアックな楽しみ方まで、ご紹介します。


スポンサードリンク

 


花組東京新人公演『邪馬台国の風』、
物語は、両親を殺され、
敵から隠れていたタケヒコが
お師匠さんとなる李淵に
出会うところから始まります。

李淵を演じていたのが峰果とわさん。
子タケヒコは深音ちゃん(咲乃深音さん)。

峰果さんがめちゃくちゃいいお芝居してたの。
怯えているタケヒコを驚かさないように、
ゆっくりと、やさしく、
でも一定の距離を保って話しかける。

答えられないなら
すぐ次の質問に変える。

厳しさと優しさと、
そしてタケヒコを立派に育てようとする意思と、
「ずっとここに居させてはいけない」という意思。
ここにいることが、タケヒコの宿命ではないと
お師匠さんはずっとわかってたんだね。
タケヒコとのやりとりで全部見えた。

深音ちゃんもとってもよくて、
両親を狗奴の兵に殺され、
ひとりで山奥に逃げてきて、
そこでようやく出会った老人が
敵なのか味方なのかわからなくて
やっと味方だとわかった時の顔。

男の子として、李淵について
ここで一人で生きていこうと思ってるいじらしさ。
まさかの公演開始5分で泣いた。

熱湯に手を突っ込んだ李淵に
どうやったらできるか考えてみろと言われ、
李淵の手をとり、
匂いを嗅ぎ、
薬草の入った鉢から同じ匂いがすることを見つけ、
これに違いないと確信するまでの顔。

子タケヒコは聡明な男の子だった。

そして、李淵のもとに
狗奴の兵がやってきた時。
「山奥で薬草をとって暮らしておる」
と言いながら、目の奥が光るのを
私は見逃さなかったよ。
この李淵さん、絶対なんかすごいもの持ってたはず。
だから狗奴国も放っておかなかったんだ。

私の中でモヤってた部分を
峰果さんの李淵が全部クリアにしてくれた。

物語の冒頭で、
すんなりタケヒコの生い立ちに感情移入できた。
峰果さん、実は声も高くて
そこだけ聞いたら全然女の子っぽいはずなのに、
本当に深みのある、いいお師匠さんだった。

新人公演の感想、まだまだ続く。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。


花組東京新人公演『邪馬台国の風』を
観劇してきました。

新人公演を見ると
「これってこんな話だったのか」と
目から鱗的な感じになることが多いのですが、
今回もそのパターン。

大劇場の新人公演も相当よかったのだけど、
今回はさらに泣いた。

もう一度言います。

私は『邪馬台国の風』で泣きました。
しかも3度も(笑)。


主演のつかさくん(飛龍つかささん)、
無理して背伸びしない、
等身大の素直な役作りをしてて、
とってもよかった。
素直に喜び、素直に驚き、
素直に抱きしめる。
感情と行動がぴったり一致してる。

その一方で、ヒミコに対しての気持ちにも
一本しっかりと筋が通っていて、
どこか心の底で惹かれ続けている。

だからこそ「あなたは女王として生きる」と言ったり、
最後に「戦のない世にまた会おう」と言って
自分の気持ちに蓋をして語る時、声が震える。

できることなら一緒にいたい、
でもそれが「なんか違う」「こうじゃない」。

自分の人生でもあるじゃないですか、
「なんかしっくりこない」ってこと。

タケヒコにとって、ヒミコと一緒にいることが
まさにこの「なんかしっくりこない」
「こうじゃない」って感じだったのではないかと。
すごく好き、すごく思ってる、大事にしたい、
そんな気持ちと、実際に一緒に居続けることは
必ずしもイコールではない。

惹かれあってはいるけれど、
一緒にいることがお互いの幸せにはつながらない。

なんかすごく難しいけれど、
つかさくんのタケヒコには、
そんなものを感じたのでした。

華優希ちゃんのヒミコは、
儚くてもろくて、壊れそうで。

いつもどこかタケヒコに
すがるような目をしていて。
目が「行かないで」「抱きしめて」って
訴えてるみたいだった。

ヒミコの孤独、
ある種の絶望、諦め、
その中にタケヒコという希望が見えた。

そんな彼の言葉に振り回され、
最後の最後まで
「一緒にいて」とは口にできなかった
ヒミコという少女の
苦しい心のうち。

遠い国から巫女になるためにやってきて、
道中、襲われたところを救ってくれたタケヒコ。
彼に思いを寄せるのは当然の流れ。
そして彼が、
生まれ変わっても一緒になると信じている男だとなれば、
それはなんとしても引き止めたいと思うよね。

その引き止める一言を
自分からは言えないヒミコのもろさ。
そして切なさ。

華ちゃんの目が
その全てを語ってた。
あとはお歌がんばれ!

いいバランスの主演コンビでした。
タケヒコがヒミコのところに
忍び込んだ時も泣いたし、
ラストシーンも泣いた。

まさか、『邪馬台国の風』でこんなに泣くとは
自分でも思ってませんでした(笑)。

他にも素晴らしいお芝居してる人
たくさんいたので、続きはまた。
ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

 
来年のカレンダーのラインナップが
発表になりました。

2018年版『宝塚カレンダー』の発売について | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページ
(4)宝塚パーソナルカレンダー(全11種類)
◎発売日 11月17日(金)
◎規格 B4判/8枚(表紙とも)
◎価格 700円(税込)
◎発売メンバー 
(専科)轟悠
(花組)明日海りお・芹香斗亜※・柚香光
(月組)珠城りょう・美弥るりか
(雪組)望海風斗・彩風咲奈
(星組)紅ゆずる・礼真琴
(宙組)真風涼帆

これで、各組二番手が
正式に出揃ったって感じなのかしら。

花は光ちゃん(柚香光さん)、
雪は咲ちゃん(彩風咲奈さん)、
星はことちゃん(礼真琴さん)、
宙はききちゃん(芹香斗亜さん)。
てことか。
93期と95期で並びました。
一気に若返る感じもある。

ききちゃんの組み替え、
いろんなご意見ありましょうが、
私は涼帆さんとの並び
すごくいいと思ってる。
星組時代を思い出させるし。

ただ、私の中で、まだ
望海さんと咲ちゃんの並びが
イメージできないなぁ。
ちぎさん(早霧せいなさん)時代も、
案外、望海さんと咲ちゃんの絡み、
なかったよ…ね……??
(『ドン・ジュアン』とかはアレだけども)
どんな感じになるんだろう。

ポチッと応援お願いします♪( ´▽`)

宝塚歌劇団 ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



格安国内旅行なら阪急交通社で!
↑右上の「テーマ別」から「宝塚歌劇」を選ぶと
貸切公演のチケットページにいけます。

↑このページのトップヘ